インタビューズ-ヘビをペットにしよう!と思ったきっかけはなんでしたか?

「ヘビを飼われているそうですが、ヘビにしよう!と思ったきっかけは何でしたか?またいっしょに暮らし始めてからのエピソードなどありましたら聞かせて下さい。」

L_fa7e208ce2dee26d7374185ad9b580bf

私の通っていた横浜の私立の幼稚園には動物がたくさんいました。
バブルの頃だったからかしら。ワニがいたんです。ワニが。
ウーパールーパーもいました。(それで、ウーパーが大好きだものでこのアイコンです)

物心がついたときにそんな環境だったので、もともと爬虫類に抵抗がありませんでした。

蛇が好きになったのは、小学校低学年の頃。
上野動物園へバス遠足に行ったときに、肩にでかい蛇をかけてもらったためです。

触れ合うとやっぱり情が湧きますし、逆にヘビで怖い思いをしたことも特にないので、嫌いになる理由がありませんでした。

時は流れ、コーンスネークのまめもやしを飼い始めたのは2007年。

きっかけは、「蛇は飼える」と知ったことです。

小学校高学年から高校生にかけては兵庫の田舎で暮らしましたもので、身近に大きなペットショップがなかったし、インターネットもなかったし、単純に蛇は自宅で飼えるのだということを知りませんでした。

大学生の頃だったか、何かの拍子に彼氏にヘビめっちゃ好きなんよね~と話したら、

「写真学科の友達にヘビ飼ってる子いるよ。かわいいよね~。ヘビ。」

と返事が返ってきて、えっえっ、蛇って飼えるんや。許可とか登録とかいらないんや!  と、それはもう青天の霹靂でした。

二人で守口市の爬虫類の充実しているペットショップに足を運んで、首が細くて華奢で美しかったコーンスネークゴーストスプライトの「まめもやし」を家に迎えました。

エピソードとしては…そうですね、飼い始めて間もないころ、勉強不足でケージのチョイスが悪く、まめもやしを脱走させてしまったことがありました。
蛇は小さい生き物ですし、家のどこかで踏んづけてしまうのではと思うと生きた心地がしませんでした。
翌日、ベランダのすのこの下から発見されましたが、蛇が「きゃー!のびたさんエッチ!!」みたいなリアクションをしたのですごくかわいかったです。
今となってはヘビを脱走させるなんてありえない失敗ですねえ。

あ、そうだ。ヘビは目があまり良くないのですが、光が気になるようで、TVを見ているように見えます!
すごくかわいいです!

うちの近くのコーナンというホームセンターにも爬虫類コーナーがあるのですが、他のどのコーンスネークよりもうちの子がかわいいです。たまらんです。

たまらん過ぎてまめもやしをかじりたくなるのですがよく彼氏に止められます。
ヘビのサルモネラ菌保有率は大変高いからです。

いやしかし、ほんとうにもう、かわいいのです。

かわいいかわいいゆうても伝わらないですねきっと。
大阪に来る機会がありましたら是非うちにお立ち寄りください。

※この記事はTHEINTERVIEWS
津島輝子「右と左が分からなない若輩者でございますが」
http://theinterviews.jp/teruruより転載しました。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク