春生まれ出産準備品~生後6ヶ月までの生活で本当に必要だったもの、実際に購入したものリスト

娘が生まれて2年。最近ようやく我が子との生活を振り返っています。

第一子出産を控えた時期、何を準備してよいかわからず雑誌やネット記事を読み漁りました。
しかし宣伝記事の多いこと。説得力はあるものの、本当に必要なのか混乱するばかりでした。

一方、twitterでは「その子その子によるから、あんまり張り切って買い込まないでいいよ……必要になってからでいい」という先輩お母さんの声が有力。

「結局何を用意したらいいんじゃーーー!?」

そこで今日は、我が家が赤ちゃんを迎えるにあたってほんとうに必要だったものについてまとめてみたいと思います。

うちの場合は5月生まれで夏に向けて暖かくなる頃でしたので、ものすごく少なく済んだと感じています。

準備品は「その子の個性による」も、最もなのですが、産まれる季節にムッチャ左右されると思う!!!

いま現在出産に向けて準備中という方はぜひ「春生まれ 出産準備」のように季節を入れて検索してみてくださいね。

あと、用語がね、はじめは意味不明だよね。
「エルゴってなんぞ?(ハワイの抱っこ紐メーカーです)」
「ロンパースとは……? 短肌着?長肌着?コンビ肌着?? え、なに、想像できない。なに?」
みたいなねええええええ!!!! 結局どれがいるんだよ!!

スポンサーリンク

買わなくてよかった~、買ったけどいらなかった~、と思っているものリスト

  • おしりふきウォーマー
  • おむつ専用の高機能ゴミ箱
  • ベビーバス
  • ベビーベッド
  • 消毒剤(煮沸消毒とキッチンハイターで対応)
  • 赤ちゃん衣類用洗剤(個人的に分ける必要性を感じず大人のものと一緒に洗濯)
  • 赤ちゃん用シャンプー(大人の使っているアミノ系シャンプーで対応)
  • 赤ちゃん用ボディーソープ(大人の使っている純石鹸を使用)
  • 赤ちゃん用保湿剤(母の敏感肌用化粧水を使用)
  • 沐浴剤
  • スリーパー(ギャン泣きで脱ぎたがる)

住環境やライフスタイル、親の方針にも寄りますが、私たちの場合は上記のものは不要でした。

特に、沐浴剤については赤ちゃん雑誌などで何ページにも渡り広告が出ているのですが、産院の看護婦さん助産師さんが
「絶対いらない! 赤ちゃんは代謝が良く湿疹の主な原因は汗と皮脂汚れ。これをなくすには石鹸でよく洗うのが基本。沐浴剤で皮脂や汗が落とせておらず乳児湿疹を悪化させて受診に来るひとムチャクチャ多いぞ我々はあれを悪と断定する!!!」
と言っておられました。

保湿は、したほうが良いのは確かなようですが、季節柄うちでは私が使っている敏感肌用のミスト化粧水アルージェをお風呂上がりに頬と尻にシュッとして終了でした。
ワセリン買ったけど無駄になっちゃったな。未開封でまだゴロゴロしてます。もう捨てようかな。

退院直後から必要だったもの

赤ちゃんの服

非常に季節に左右されるところです。
百貨店にいくと準備品リストなるチェックシートを店員さんから手渡されますが「孫フィーバーで買い込んでもらおう」という魂胆が滲み出ているので鵜呑みにしないほうがいいと思う……。

春~夏生まれでしたら序盤はほとんど服はいりません。
数ヶ月は母子ともにお家で転がっている時間が大半となります。

サイズは60~70cmのものがおすすめ!
自分の子が何センチで産まれるかなんてわからんよね……。
わたしも準備のときすごく困った。

50cmのお洋服は早産など小さく生まれた赤ちゃん用と考えた方が無難です。
参考まで、うちの娘は出産時48cm 3120g、1ヶ月検診で52cm 4494gでした。

出費を抑えたいなら70cmから購入してもよいくらいです。
赤ちゃんが動き出し寝返りを打つ生後4~6ヶ月頃には程良くなります。
小さい服は着られませんが、でかい服は裾を折ればいい。

  • コンビ肌着(股下をスナップで留めて左右に分けられるようになっている肌着)6着
  • 長袖ロンパース(上下の繋がった、スナップボタンで止める1枚着)3着

これだけで秋口までこと足りました。

赤ちゃんは代謝がよく、非常に暑がりで汗っかきです。
夏場は重ね着をすることはほとんど無く、1枚で過ごすことになります。
春夏ベビーなら下着っぽくないデザインのものをぜひ。

長袖ロンパースは退院時と梅雨時期の少し肌寒い日に数回、70cmのブカブカのものを着用しましたが、以後夏場はお役御免となり、秋口(生後6ヶ月頃)再び袖を通す頃には少し丈が足らないくらいになっていました。
第一子でしたらお祝いとしておしゃれなお洋服を頂く機会もあるかもしれません。
本当に、赤ちゃんはすぐに大きくなってしまいます。たくさん用意しても日の目を見ない可能性があるのでお洋服の事前準備は極力控えめで良いと思います。
つい可愛いものをたくさん買いたくなっちゃうんですけどね~!(>_<)

産前に夫と楽しんで柄選びしたオーシャンアンドグラウンドのコンビ肌着。
本当によく着倒した……。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビ肌着【2セットご注文でメール便送料無料!】
OCEAN&GROUND【オーシャンアンドグラウンド】
【ベビー】サイズ60cm(50〜60cm対応可能)

価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/12時点)

母親の服や身の回り品

  • 授乳クッション
  • 授乳ブラ3枚
  • ウエスト(産褥)ニッパー
  • 母乳パッド
  • 入院用パジャマ
  • 授乳服
  • 産褥ショーツ2枚(いっときの事なので2枚で足りました)

母乳パッドはガーゼで代用できるかも。
ただ、産後は想像以上に動けません。
里なし出産の我が家は缶詰を割り箸で食べて捨てるようなサバイバル生活でした。
家事を増やすことは極力避けたい……!
私は洗濯物が増える方が産後の養生に良くないと考え、使い捨てのパッドを選択しました。

また、産後は骨盤がグラッグラになります。出産で骨盤底筋が完全に死にますからね……。
私は寝ていても骨盤がガコガコと動く有様でしたのでウエストニッパーが手放せませんでした。
友人から譲り受けた『トコちゃんベルト 2』なる商品を使いました。
「産褥ニッパーと言えばこれ!」というほど産婦の間では有名な品なのですが、公式サイトが香ばしいのが玉に瑕……。
でも、物はたしかに良いです。産前の恥骨痛、骨盤痛も緩和してくれますし、長期間の使用でもへたれませんでした。
トコベルがあったからこそ産後すぐ赤ちゃんを抱っこしてスーパーに買い物へゆけたと感じています。神棚に祀りたいくらいやで。

授乳服は「Tシャツで切り抜けたよ~」という友人も複数いました。人によっていらないかもしれません。
私のケースでは、お宮参り用のきれいめなトップス、来客時用のトップス(授乳で席をはずすと家主不在になってしまうので)、夏場用に授乳キャミソール2枚の計4枚を買いました。

事前に赤ちゃん用品店や百貨店なども巡ったのですが、巷に出回っている出産周りの品は柄がすごく微妙なドット柄やボーダーが多く、価格も高かったです。
ネットで探したほうが充実しています。
参考までに、実際に私が吟味の末購入した服のリンクを貼っておきます。

ところでこのチェック柄のパジャマ、その辺のナチュラル系のお洋服のお店のものとそう変わらないのでお昼間のスーパーマーケットくらいなら着替えず外出できました。
付属の黒レギンスはいまでもパジャマズボンとして活用しています。

衛生用品

  • 新生児用おむつ(1パックで大丈夫。1,2ヶ月でSサイズに移行することになります)
  • おしりふき段ボール1ケース
  • おむつバケツ(300円の蓋付きバケツで十分でした)
  • 使用済おむつ用ビニール袋
  • ベビー爪切り
  • ベビー綿棒
  • ベビー用のやわらかいくし
  • ガーゼハンカチ10枚(赤子は気軽にゲロる。沐浴にも使う)
  • 哺乳瓶(母乳メインであっても母親がダウンすることもありますし父親もミルクを作って授乳できるので)
  • 粉ミルク缶

おしりふきは、みなさんたいてい箱買いされています。
私は、評判の良い『水99 赤ちゃん本舗 Super 新生児からのおしりふき』の通常判、厚手判を1ケースずつ買いました。
セブン&アイの総合通販オムニセブンを使えば赤ちゃん本舗の商品はお近くのセブンイレブンまで取り寄せることができます。
赤ちゃん本舗、ベビー服が安いしシャツの丈が長めで赤ちゃんが成長してもお腹が出えへんのが優秀やで~。

おむつの臭わない袋BOSはすごいです。
商品レビューを見てくれ……。絶賛の嵐。
生ゴミもトイレの三角コーナーも全く匂いません。どうなってるのこの袋。
外出時、おむつ用のゴミ箱がない時には汚物を持ち歩くことにもなるので携帯しています。

赤ちゃんの寝るとこ座るとこ

  • ベビー布団
  • おくるみ1~2枚
  • トッポンチーノ(赤ちゃんサイズ極小布団)
  • バウンサー or ベビーラック(赤ちゃんの座席 個性によってぐずって使えないことがある……)

おくるみは文字通り赤ちゃんを包む大判のガーゼケットです。お昼寝時や外出時のあかちゃんの掛け物や、どうしても外出先で授乳せねばならない際に授乳ケープの役割としても機能します。
私はおくるみなるものの存在を知らず自分では準備していなかったのですが友人から出産祝いでいただき大変助かりました。

個人的に猛プッシュしたいのはトッポンチーノ
これも謎の用語ですよね。赤ちゃんを乗せる小型の布団です。ご自宅に座布団があるなら代用可能。
赤ちゃんはゆらゆらと寝かしつけても布団に下ろすと泣く生き物です。
「背中にスイッチがある」なんてよく言いますね。

しかしトッポンチーノごと抱っこして寝かしつけると、布団に降ろしても温度や匂いに変化がないので泣くことが少なくなります
うちはこれがないと無理だった。もしなかったら私も夫も寝不足で死に絶えていたのではと思うほどです。
ネットで探すと1万円前後と少々値が張るのですが、ハンドメイドマーケットminneでは5000円位で出品なさっている作家さんがおられます。
記事を書くにあたり楽天で検索してみたら最近たまひよから安いものが出たみたいなのでリンクを貼っておこう。

赤ちゃんとの外出に必要なもの

外出時については住環境やライフスタイルによって最適解があろうと思います。
商業施設はベビーカーの貸出を行っているところも多いですから、車移動がメインならベビーカーは不要かもしれません。
その分ベビーシート(チャイルドシート)の購入が必要になるのかな。

大阪市近郊、マイカーなし、電車移動がメインの私たち一家は次のものを揃えました。

  • 新生児から使える抱っこひも or スリング(横向き抱っこひも)
  • おむつポーチ
  • ベビーカー

マザーバッグは事前準備不要でした
赤ちゃんの個性や産後の母さんの状態。母乳か、ミルクメインか、吐き戻しをよくする子か? など、様々な条件で荷物量が左右されます。
(※ミルクメインの場合白湯の水筒、水の水筒、哺乳瓶、粉ミルクを持ち歩く必要があります)
これは産まれてしばらく経たないとわからないことなので、急がずとも赤ちゃんとの外出で持ち出す物の量が定まってからの用意で十分です。
うちは子どもが歩くようになってから両手を開けておく必要を感じ、ようやく2015年当時流行したアネロのリュックを購入しました。

ベビーカーは百貨店で吟味した結果、駅の階段や電車内で簡単に畳んで持ち運べるメチャカルハンディに決めました。

抱っこひもは、身長150cmの私には海外製であるエルゴが体型に合わなかったため、キューズベリーのものを選びました。
このメーカーの抱っこひもは首腰の座っていない新生児をサポートするパーツがないので、首と腰が据わるまでは3000円程度の新生児から使えるベビースリングを使っていました。

ベビーカーと抱っこひもは準備品の中では値の張るものですが、2歳を超えた今も大活躍中です。
長く使えるものですので、ぜひすこしお値段は高くても安全に配慮されたものを選んでください。

あと、メチャクチャ役に立っているのがminneで作家さんから購入したこのおむつポーチ
赤ちゃんの頃はおむつ4~5枚、おしりふき、着替え、綿棒、ガーゼハンカチが余裕で入ります。
半日のお出かけならこれでしのげるためマザーバッグいらずでした。

2歳を迎えた現在は、おむつパンツLサイズ3枚、おしりふき、スプーン・フォーク・コンパクトはさみを収納しています。

産院退院後~生後6ヶ月の間に必要を感じて購入したもの

  • 吸われてただれている乳首のおくすり『ランシノー』
  • おもちゃ カシャカシャなるやつ、かみかみできるやつ
  • ベビーカーに取り付ける荷物を引っ掛ける部品
  • ベビーカーに取り付けるガーゼケットを挟む部品
  • ベビージム プレイマット(子どもをマットに転がして置くと勝手に遊んでくれる。その空きに家事をする)
  • 玄関のドアストッパー マグネット式(ベビーカーを出すときに扉を固定するため)
  • フェリシモの携帯抱っこひも
  • ワンハンドアスピレーター(風邪をひいた際に鼻を吸うやつ)

携帯抱っこひもはあってもなくても、というところですが……。
ベビーカーで外出しても子どもは抱っこをせがむんです。すると2本しかない手がふさがってしまう。
結局、抱っこひもも、ベビーカーも、両方持っていくことになるの……。
しっかりした抱っこひもは思いのほかかさばりますから、ベビーカーメインの外出時用に小さくまとまる携帯抱っこひもを購入しました。

特筆すべきは鼻を吸うやつですね。
生後2ヶ月で風邪を引かせてしまったので、それはもうめちゃくちゃ調べました。
赤ちゃん用品店ではストローの先を親が吸うタイプのものが売られていますが、吸引が難しかったり、親に感染するケースがよくあるようです。
かといって電動のものだと、数千円のハンディタイプの電動鼻吸いは満足に吸えないとのこと。
まともなものだと相場は1万円。しかもでかい。

で、我が家はワンハンドアスピレーターを選択しました。
手動! ザブザブ洗えて衛生的! 親に感染しない! 鼻めっちゃとれる!

 

それから、ベビーカーは単体では使い勝手が非常に悪いので街の皆さんを観察してカスタマイズする必要があります。
ただでさえ手が塞がるので、荷物を引っ掛ける部品は必須。
掛け物をとめる部品も必須だと思います。100均のやつはまともに毛布を挟まないので注意してね!
夏場なら小さな扇風機やドリンクホルダーをつけるお母さんもいます。
雨を凌ぐカバーや、真冬の寒さから守るブランケットもいるかも。
自宅にあるものや100円均一も活用しながら快適さを追求していってくださいね。

まとめ

例外もありますが、基本的にベビー用品の旬は短いです。
お洋服もすぐに着られなくなってしまうし、おもちゃだって成長段階でどんどん変えてゆかねばなりません。
諸先輩方の言葉に帰結するのですが、
「その子その子によるから、あんまり張り切って買い込まないでいいよ……必要になってからでいい」
という考えを念頭に、出産前は、あくまでも産褥期から数ヶ月、あまり出歩けない間に必要となる最低限のものだけ揃え、
あとは必要になってから購入するのが一番だと思います。

あとは、そうだな……何より必要なのは、良かれと思って買ったものが無駄になってしまっても、くじけない精神かもしれません。
うちの場合は、我が子の足が太かったこと、つっかえて吐いてしまったことから、足をはめて座るバンボソファが使えませんでした。
テーブルに付けるベビーチェアも泣いてしまってだめだったな……。

ベビー用品は旬が短いがゆえに天下のまわりものでもあります。
不要になったものはお友達やフリマアプリで譲ったり、すこし高価で手が届かないものや、ライフスタイルに合うかわからないものは、中古で購入するのもひとつの方法だと思います。

以上、すこしでも参考になるところがあれば嬉しいです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク