CATEGORY 夢日記

「他人の夢の話ほどしょうもないものはない」と言いますが、私は他人が夜に見た夢の話を聞くのが好きなので、自分の見た夢の話をたまに書いている。