はみ出し防止にヒートテックの襟ぐりを切ったぜ。切り方を書くぜ。

UNIQLOヒートテックの上にトップスやワンピースを重ねたら襟ぐりが出てチョイチョイチョイチョイ!!!と全部脱ぐはめになることありませんか……。
わたしはあります……。

スポンサーリンク

これまでに試したあったかインナーの話

たぶん最強ワコールのスゴ衣シリーズ

あったかインナー。
これまでにいろいろ試したところ、最強なのはワコールのスゴ衣シリーズでした。
スゴ衣シリーズ、『ふわ暖』も良いのですが最強シリーズの『極暖』が本当にすごい。
気温を感じなくなる。もう雪の中これ一枚でワー!!!って駆けて行きたくなるぐらい。うそ、言い過ぎた。
ただ、比較的安価な『ふわ暖』シリーズすら一着3000円からと、機能の良さ相応の価格設定となっています。

余談ですが、授乳中は楽天で1300円で手に入るスゴ衣の腹巻が重宝しました……。
冬の授乳つらいですよね……ウウ。
腹巻きは着膨れしにくいので、今でもヒートテックの上に重ねたりして活用しています。

個人的に微妙だったtutuannaのTUTUHEAT

安価で襟ぐりが広い商品展開があるあったかインナーをいくつか試してみたことがあるのですが、まず、tutuannaのTUTUHEATは、個人的にはUNIQLOヒートテックのほうが暖かくて丈夫かなあという印象を受けました。
UNIQLOのヒートテックもお安いだけあって決して丈夫な品ではないと思うのですが、TUTUHEATは数回の着用でだるだるになってしまい、取っておくにも収納スペースがもったいなく感じて1シーズンで捨てちゃった……。
4年前(2012年)の話なので、もしかしたら今は改善されているかもしれません。どうなんだろう。

わりと普段使いにしていますアモスタイルあったかインナー

アモスタイルのインナーは襟ぐり、布地の厚さが選べ、もし見えてもデザインカットソーなのかなというカラフルなデザイン展開でなかなか良いです。
トリンプ本家のあったかインナー(3000円台)の技術も継承しているのかな?
お洗濯を繰り返してもUNIQLOさんやtutuannaさんほどはヘタレません。
UNIQLOヒートテックを着て襟ぐりが見えて「ウガー!!」と脱ぐ羽目になったときにはだいたいアモスタイルのものを着直しています。

結局安価で手に入りやすいUNIQLOのヒートテックを切るのが早いんだよ

ただ、安価かつ手に入りやすいのは断然UNIQLOのヒートテックなんだよなあ……。
ワンシーズンで捨てても惜しくないし。実際お持ちの方も多いですよね。(餅食べたいな……)

で、みんなどうしてるんだろうかとネットで調べたら、UNIQLOヒートテックの襟ぐりを切っていらっしゃいました。
切ってもほつれないんだって!
なんだよ~~~。早く言ってよ~~~。

切り方まで詳しく書かれている記事はぱっと見つかりませんでした。
どの記事も「好きなように切ったらええで」とのことだったのですが、それだと失敗する人もいそう。
一応アパレルの仕事をかじっているわたくしめが裁断したヒートテックを写真に撮ってみました。

赤子がまとわりついてくるのでそのへんのキッチンバサミでどうにかならんかなと試してみたら引っかかて到底切れそうにありませんでした。
裁ちハサミを使ってください。たぶん100均で手に入るんちゃうかな。

布地が切りっぱなしになるため着用時に幾分伸びます。
すると肩がまるまる出てしまいかねないので、肩付近は縫い縁ギリギリで切ってください。

中心に向かうほど深く切ります。
どの程度深くするかはトップスにもよるかと思いますが、上記のように後ろ身頃(背中側)は中心部の深さ2cm、前身頃(デコルテ側)は深さ4cm程度が一番汎用性が高いのではないかなと思います。
これ以上切ると乳ボロン授乳用になります。

切って着用してみると襟ぐりが出ない以外の意外な利点を発見しました。
シームレスになったのでトップスが薄手のワンピースでもボコボコっとしません。やったあ!

以上、参考になれば幸いです。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク