いま

ネットサーフィンしてて、サークルの後輩の日記を見た。

あのね、それでね、知ってもた。
わたし彼に嘘つかれてた。

彼が、「ゼミの飲み会」て言ったあれ。

わたしが、サークルの飲み会だと決めつけて
「嘘つきは嫌い。帰ってこなくていい」てメールした、あれ。

やっぱりサークルの飲み会してた。 彼が主催して。

ゼミの飲み会って言ったのに。
後日、私が責めたとき「ゼミの先輩が賞をとったから」とかいってたのも全部嘘。
わたし、「疑ってごめんね」と誠心誠意あやまったのに、彼はどういうつもりで、聞いたのだろうか。

虚しさとか悲しさとか怒りとか一気に来て、別れたくなって、でも許さなきゃと思って、
めちゃ具合悪くなって、佐々木に電話した。信頼してる高校からの友達。
最近の私たちのこと、話したら「なんかあったらいつでも言い。」と言ってくれた人。
「ごめんわたし無理そうだ。距離を取りたい。明日そっち泊まっていい?」って。

そしたら佐々木、
「明日来てもいいけど、一人が無理なのは ”今” でしょ。今夜、ちゃんと寝られないでしょう」って。
「何も考えなくていいから、大事なものだけまとめて、蛇も一緒でいいから、おいで。
今すぐおいで。何時になったっていいし、タクシーを使ったっていいから。
何も心配せず、おいで」って。

それで、今、元町に向かう電車の中で、これを書いてる。カチカチ。カチカチ。
携帯電話で。何も考えなくていいように、でも今この時のことを忘れないように。

終電近いから車内は静か。

そう。
カチカチと言えば、荷物まとめてたら、息が上がって、目が白黒チカチカして、ちょっとやばかった。
全校集会で倒れる人の気分が少しわかった。
佐々木が、「今日来い」と呼んでくれてよかった。ありがとう。感謝してもしてもし足りない。

ぶっちゃけ死にたい。
でもこんな馬鹿なことで、ちっぽけなことで、そういうこと言っては駄目だと知っている。

生きなきゃいけない。早く私はわたしをたてなおさなきゃいけない。

全て許したい。
あの子が嘘ついたのは後ろめたかったからこそだ。
本当のことを言えない状況を作ったのはわたし。責めてはいけない。

にしてもしかし、私と折り合い悪くなってからあの子はずっと酒を飲んで
サークルで遊んでるけど、ほんとどうすればよいのだろう。駄目人間やん。
嘘ついてまでサークルに行きたいって、どんだけよ。
そういう時間を先取りしすぎたから留年したし、就職もできなかったんでしょう?
同じこと何度繰り返すの? 馬鹿なの?

責めてはいけない。許していきたい。

しんどい。

佐々木は何も考えるなと言った。難しいな。今三ノ宮。後ひとえき。

早くつかんかな。
早く沢山時間が過ぎて、辛いことがなにもなくなればいいのに。
なんでこんなにじかんがすすむんおそいんやろうか。

これはいつまでつづくんやろうか。

がんばらなきゃな。

何を?

彼に見切りをつけることを?

彼を許すことを?

別れを突きつけ家を追い出したい気持ちだけど、
あの素敵な彼のご両親に負担かけたくないし、
これは一時的な破壊衝動、感情の暴発だから、下手に行動しては後悔する。きっと。

何も考えないってどうやったらいいの。誰か教えてよ。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク