インタビューズ-ご自身のファッションについて、こだわりがあれば教えてください。

「ご自身のファッションについて、こだわりがあれば教えてください。」

L_793f82a7155aa00dc7be26c9d1eebb77たいしたこだわりはありませんが、流行よりも色の組み合わせを優先しています。

あとは……そうだなあ、服飾系の人だった両親から素材はよく見ろとしつけられておりまして、服を買う時はきちんとタグを見て、手でも触って繊維を確かめるようにしてる。

いくらインポートのきれいな布地でもレーヨンだったらじめじめした日本ではすぐ織り目がついてしまうので、内側に着るものなら止めておく、だとかね。実用性は大事です。

※レーヨンはシルクを目指した化学繊維で、肌触りも良いしプリントの色の出方がすごく綺麗なのですが、紙の仲間なので水に弱く、洗濯が難しいし、ジメジメしていて汗をかく日本の気候には向きません。

柄物が好きです。花柄はもっと好きです!
クローゼットの中は、チェック・ボーダーの大地に花々が咲き乱れ、水玉模様の空が広がっています。
最近はインポートのヘンな柄物のお店がお気に入り。

クセのある服装ではありますが、TPOと年齢を考え、指さされて笑われたり石を投げられたりしないように、と心がけています。

友人や会社の皆からは「津島っぽい服」と評されます。
“ファッションはなじむもの”とピーコさんも仰っていましたし、まあこれでいいのかなあ、と思っています。

※この記事はTHEINTERVIEWS
津島輝子「右と左が分からなない若輩者でございますが」
http://theinterviews.jp/teruruより転載しました。

LINEで送る
Pocket