幸せでありますように

生まれて初めて珈琲を買った。
占いサロン(フォレストランプ千里中央店はコーヒーの提供がある)で頂いたサイフォンコーヒーがあまりにも美味しくて。

最近、牛乳も飲むようにしている。
子供の頃からすごく嫌いだったんだけど、なんとなく気が向いて。

お腹を壊すからコップに半分。今朝も牛乳を飲んだ。

変わってく自分。変わってく身の周りの人々。
「自己を取り巻く宇宙」とか言ったらかっこいいのかもしれないけどゾワッゾワするな。
まあいいや、そういうのを想いながら布団に転がった。

羽毛布団は何の痛みも与えずこの身を受け止めてくれるけど、なにもこんなことのためにホワイトグースは生まれてきたわけじゃないよな。
でも、たとえこんなことのために羽をむしられるとしても、人がせっせとご飯を与え種の繁栄と成長を助けるのだから、グース的にはwin-winなんだろうか。

有機物は進化する。
進化は、必ずしも自分にとって都合が良いとは限らない。
悩み、考え、問題を解決して進むための“変化”こそが進化である。

進化してみたもののまたなにかの壁にぶつかったりするのかもしれない。
それでも、また悩み考え問題を解決し進む。立ち止まることはない。

結局はトライ&エラーの連続だからとてもしんどいけど、「それをやっていく力がある」というだけでものすごいことだ。

そしてその「ものすごいこと」は、実はただ「生きる」というシンプルな3文字に集約される。
ホワイトグースも人も、生きているだけでみんなえらい。
えらい人にはなにか褒美があって然るべきではないか。

生きていく。あなたも私も、幸せでありますように。

LINEで送る
Pocket