生後10ヶ月

おはようございます。キックが強い。

Cc-yH76UAAASoiW

ミルクしか知らなかった3キログラムの赤ちゃんが、今では納豆とトマトジュースが大好きなのだと、一口ごとに飛び跳ねおててをパチパチ鳴らして伝えてくれる。
(他のものは大体気に入らなくてひっくり返します)

いやあ、10か月。
できることが日に日に増え、意思表示が激しくなってきています。
となると、ただもうひたすらに愛を注ぎすべてを許すのではなく工夫と配慮が必要になってくる。

危ないことを遠ざける、ただ「ダメ」ではなく理由を分かるように伝える……。
これは……なかなかオモシロムツカシーぞ。

子育てをやってみてはじめて本当の意味で理解したけど「泣いている=かわいそう」は、完全なる誤りですね。

「しつけのできている子どもなんていない。全ての子どもはしつけの途中。そもそも我々は “大人に都合の良い子ども” を育てているんじゃない。人間を育てているんだ」と、いつかtwitterで見た言葉を思い出し、噛みしめる日々です。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク