2011年1月

パラシュートでゆらゆらと

一体自分がどこに着地するのか 下界を見下ろし不安になっては このままでいいのか よくないのか 考えたり たまに風に流されたり 森や海や鳥に見惚れたり とにかくわかっているのは ゆっくりと降下しているということだけで 一体…

指先カーリィや

彼から  『 「カーリィじいさん空を飛ぶ」を見に行こうよ!』 とメールが来た。全体的に惜しい。