1歳11ヶ月で完全断乳。無事成功したので経緯を書きます

今世紀最大のどうでもいい情報を垂れ流しますが、いまわたしの乳首がアンパンマンです。
1歳半で断乳に挫折し、2度めの断乳決行。
約5ヶ月前の断乳時は納得がいかずウオンウオン泣いた娘でしたが今回は本人の成長もあり3日間すこしグズり泣きしたもののスムーズに断乳が完了しました。

スポンサーリンク

これまでの断乳経緯

うちは夜泣きの酷さから生後9ヶ月で夜間断乳に踏み切りました。その時の走り書きは下記リンク。
生後9ヶ月、夜間断乳その後

夜間断乳の一週間は地獄絵図でしたが、10日後には夜すやすや眠ってくれる子になりました。

その後数ヶ月の間に日中の授乳も調整し、1歳2ヶ月以降は
・朝起きてすぐ(朝5~6時頃)
・保育所から帰ってきたタイミング(午後5時頃)
の1日2回の授乳に収めていました。

この部分は、その子その子にあった方法があるように感じます。
ご飯前に授乳すると普通食が進まなくなる、という話もありますが、幸いうちの娘は食前に授乳をしても問題なく朝食、夕食を食べていたし、精神安定のためにはこの2回の授乳タイミングがうちの子にはベストと感じたため、このスタイルに収まりました。

そして今から約5ヶ月前の12月。1歳半で断乳に挑戦するも挫折。
入念に1ヶ月前から娘といっしょにカレンダーを眺め、1日ずつ印をつけて「この日になったらおっぱいばいばいだよ」と言い聞かせて断乳に入ったんだけどなぁ~!
納得のいかないおっぱいだいすき娘はハイパーグズりマシーンと化し、ご飯を拒否。
冬という季節柄も相まって即大風邪を拾い、高熱を出してぐったり。
夫も繁忙期でフォローが得られず、「これは今じゃない」と判断。ものの2日で授乳を再開しました。

母乳を摂取しなくなると免疫が落ちるし冬はただでさえ風邪が流行るので断乳に向かない、という話もあるので、夫婦で相談の結果、夫の仕事の閑散期である春先に再チャレンジしようと話がまとまりました。

今回の断乳作戦内約

・カレンダーに印をつけていっしょにカウント
・ポジティブな言い聞かせ
・夫が早く帰宅して娘をお風呂に入れられる1週間を確保
(実際は残業で私がお風呂に入れた日が2日間ありました)
・おっぱいにバンドエイドを貼り、乳首を隠す
(泣いたのでバンドエイドにアンパンマンを描きました)
・これまでのパターン、保育所から帰宅→授乳→ご飯→お母さんとお風呂をぶち壊す
・パイパイ、バイバイだね!

断乳下準備

前回同様、3月のカレンダーに印をつけてカウントしてゆきました。
また失敗するのではと私のほうがびびってしまい具体的な期限日は設けませんでしたが、「桜が咲いたらおっぱいバイバイ」を合言葉にしました。
住まいの外に大きな桜の木があるので、木を眺めながら
「桜が咲いたらおねえさんになるんだよ。保育所もクラスが上がるよ。おっぱいさよならだよ~」と、毎日言い聞かせました。

2歳手前まで成長したいま、授乳はもはや栄養補給ではなく精神安定の意味合いしかありません。
2月から3月にかけては、外出して娘のテンションの上がった日など、授乳をスルーできそうな気配があれば積極的にスルーしました。
ご飯で満たされてしまえばおっぱいのことは忘れて完全スルーできる日もあったし、ご飯の後に手をグーパーするベビーサインで「ぱい~」と訴え、涙目になることも。
本人がほしがる日は、たしなめることなくおっぱいをあげました。

そして4月1日。例年よりほんの早く桜が咲き始めました。
「桜咲いたね!テク子ちゃん、大きくなったね~。お姉ちゃんだね!」
「おっぱいは赤ちゃんが飲むものだよ。テク子ちゃんはもうおっぱいがなくても大丈夫よ」
「おっぱい、バイバイしようね。そしたらお父さんお母さんと美味しいご飯をいっぱい食べよう!」
と、成長を喜び、抱きしめながら、楽しいことだという意識を持って声掛けをしました。

そして断乳決行

本当は、娘本人と私自身の納得のために最後の授乳、というのをやりたかったのですが、私が風邪を引いたことと仕事で切羽詰ったことで、「これが最後だよ!」と言い聞かせる授乳は出来ませんでした。
日曜日、お出かけをした流れでテンションが上り、帰宅後授乳なしに夕飯を始められました。
夫と「このまま断乳いっちまうか」と相槌をうち、ごちそうさまをして娘がお腹いっぱいのタイミングを狙って、乳首に貼ったバンドエイドを見せました。

「テク子ちゃん、ご飯いっぱい食べられて偉いぞー!桜も咲いたし、おっぱいバイバイだね!」
娘、おっぱいがない、ない!と、号泣。
これはアカンか?と思い、バンドエイドにアンパンマンの絵を描きました。

「ほら、勇気100倍、アンパンマン!」
「ウワアー!(泣)」
やっぱりアカンか?

「ウワアー!ヒックヒック……アンパンマン……」
意外と5分で泣き止みました。

これまでの生活パターンは、保育所から帰宅後、寂しさ極まった娘がおっぱいを求め授乳。その後ご飯。私とお風呂。という流れでしたが、これを積極的に打ち砕いてゆきます。

保育所へお迎えにゆく前にテーブルの上に娘の大好きな牛乳と夕飯を並べておきます。
「ただいま」の後はすぐに「あ!牛乳あるね!牛乳飲もっか! ご飯も食べよう~」と、夕飯を促し、お腹を満たします。
一週間定時上がりを心がける夫は、娘の夕飯中に帰宅。
ご飯の後は夫が娘をお風呂に入れ、その後は娘の大好きなアンパンマンの録画を流すことでおっぱいを意識させないようにしました。
これまたどうでもいい情報ですが、夫はお風呂で娘に再三乳首をプッシュされ「フワーオ❤」と弄ばれた模様。

初めの3日間は、時折娘がカヒミ・カリィばりのウィスパーボイスで「おっぱい…」と囁いてきました。
あわよくばもらえないかなと思ってるな……娘……。

でも、思ったより吸い付こうとはしないんですよね。
癇癪を起こして叩いたりも、ほとんどなかった。
(いや、すこしはキレて叩かれたけど。まあイヤイヤ期はこんなもんだよ……)

起床時や夕飯時、授乳をしていたタイミングで娘は毎日私の服をめくってきました。
あるときは「ない……」「アンパンマン……」と短く泣き、またあるときは「あ!アンパンマン」と喜び、ぺちぺちと叩いたりして確かめ……。
でも、泣いてもその場限り。長くて10分。しつこく泣くことはありませんでした。
「絶対にほしいー!!!おっぱいだせーーー!!!!」の泣きではなく、おっぱいとのお別れを悲しむための泣き、というのか。
ここはやはり2歳手前のお姉さん。
まだおしゃべりは出来ないものの、話しかけられることをそこそこ理解しているので、とうとうその時がきたのだと娘なりに折り合いをつけているようでした。

一週間のうち結局2日間は夫の帰宅が娘の就寝後になってしまうと確定し、その日は私がお風呂に入れました。
服を脱げば、バンドエイドにアンパンマン。
娘はいつもお風呂で乳首をくわえて遊び飲みしていたので、このお風呂タイムばかりは、ない、ない、と盛大に泣きました。
お風呂を上がって着替えが終わり、録画のアンパンマンをかけるまでずっと泣いてた。
うん。この断乳の過程で一番泣いたのは、明らかにこの私と二人のお風呂の時やな……。
スポンジのおもちゃで気をそらせば泣きなからドゥフフ、アヒャヒャと笑ってくれることもあったけど、でも圧倒的に悲しみにくれていました……。

断乳の成功を確信しつつも、すこし長めに2週間はアンパンマンを描いたバンドエイドを貼ってすごしました。
お風呂でも泣かずに「アンパンマン」「おパイ、アンパンマンね~」と喜ぶようになったのは断乳10日目のことでした。

バンドエイドがなくなってからも、娘は時折私の服をめくり、乳首をみて「アンパンマン!」と喜んでいます。
乳の両サイドを引っ張り「カレ~パンマ~ン」と言って遊びます。
愛しそうに、初恋の相手の写真を眺めるようにおっぱいを眺め、うっとり触ったり、すりすりして、満足感を得ているようです。

いやもう、私のほうが驚いています。この変化……マジかよ……。
ホンマに本人の中で折り合いがついたんやな!!!

これも大事だ断乳時のおっぱいのケアについて

断乳前の時点で本気の授乳ではなく精神安定のための軽い乳吸いになっていましたので、私の場合はとにかくおっぱいが張っていたくてたまらない!ということはありませんでした。
それなりにゴリゴリと岩のようにはなったし、かんしゃくを起こした娘に叩かれたりすると痛かったけど、耐えられる程度。

お乳を作る習慣を止めるために、1週間はおっぱいを放置。
張っているところを、出しきらない程度におにぎり絞り。
(黄色い汁がシャワーのように出ました)

4日後、また張っているものを出しきらない程度に絞る。

10日後、思い出したかのように絞る。

もうこの頃には張ることもありませんでしたが、出し切っておかないと乳房内で作られた母乳の水分だけが体内に吸収され脂肪分がしこりになって差し支えると聞いたので、透明になってくるまでは10日程度おきに、思い出したかのように絞る習慣を続けています。

~2017年5月24日追記~
1ヶ月半経ったいま、ようやく黄色の汁が透明になってきました。
娘は相変わらず時々「おっぱい見せてー!(←むっちゃ喋るようになった)」と服をめくって「ウフフ」とスリスリしています。

断乳が成功したいま思うこと

2歳手前で断乳というと、世間よりは遅いかな、上の世代の人は今頃?って感じるだろうな、と、ついつい他人の反応を先取りして「お恥ずかしながら……」と枕詞を置きたくなります。

でも、私たちの場合はやはり今振り返っても、1歳半での断乳は無理だった。
娘も私も夫も、心の準備と、物理的な準備が整わなかった。

それ以前の、娘の執着が薄いうちならあるいは……?とも思いますが、たらればはキリがないし、やはり授乳の時間は幸せの時間でしたし、このタイミングだから娘も納得しておっぱいとサヨナラできたんだろうと感じます。

いやほんと、やっぱり人の目って気にはなるんですけども、「これが私達のタイミング。だから堂々としていよう」と思いました。

そして、他の人にはそれぞれのタイミングがあるのだろうと思います。
早い人がいても遅い人がいてもおかしくないことだから、みんな堂々としてほしいなあ。

断乳に限らず育児は正解のない世界だから、「あなたのところはそうだったのね、私のところはこうだったよ」と認めあえたらいいよね。

いや、育児に限らずなんでもそうか。
あなたはあなた、わたしはわたしでなんでもベストなんだろう。きっとね。

【断乳まとめ】
2016年3月5日 生後9ヶ月、夜間断乳その後
2016年5月24日 夜間断乳後、寝不足でつらかったある日の日記
2017年4月11日 1歳11ヶ月で完全断乳。断乳成功したので経緯を書きます
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク