いつかすべてを受け容れる

しぬまでをいきる、を受け容れる。

……最近は、何かを「残す」ことじゃなく「繋ぐ」ことに意味を見出してる。

私の場合、「残す」、に視点を置くと、
「あー地球はいつか消えるのに宇宙もいつか終わりを迎えるのに意味あんのかコレー?!?!」
という思考に至っちゃうんだけど「何かを繋ぐ」に枠組みを広げると、すんなり腑に落ちたんだ。

人と人を繋ぐ。思考を繋ぐ。過去と未来を繋ぐ。

「残す」は、未来の結果重視。
「繋ぐ」は、今を大事にして結果、未来に至る感じがする。

ある人は子を産み育てることに「繋ぐ」を見出すかもしれないし、
ある人は人と人との関わりに「繋ぐ」を見出すかもしれない。
思ったこと考えたことをブログなりTwitterなりに発信して
キャッチした誰かが言及することに「繋ぐ」を見出す人もいるかもしれない。

「残す」に価値を置いてギャー!てなっちゃう最たる例はたぶん「子孫を残す」。
これは本能も絡んでるから特に女性は辛い気持ちを抱えてる人も多いと感じているんだけど、
「残す」以外の答えもあるんだよー、あっていいんだよー、と、私は言いたい。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク