ゆめにっき

その時、閃光が走り轟音とともにタイムマシンが宙に浮いた。
……ついに通電したのだ!!!

というところで目が覚めたので、夢の続きがものごっつ気になっています。
あの人、タイムマシンをどうするつもりだったんだろう。
過去へ行く気か、未来へ行く気か。なにがあの人をそこまで駆り立てたのか……。
そんなことを考えなが ら外へ出たら、昨日はひどい嵐だったのに
いつ咲いたのやら3分咲きとも5分咲きとも聞いていないのに前触れもなく満開になった
桜並木が目に入って、時空を超えたのは私の方かもしれん、と思った。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク