個人の感想です

GCDFのキャリアカウンセラー仲間が主催する「はたらくとやすむを考えよう」の会に参加した。
今回のテーマは「遊びについて考えよう」。
遊ぶみたいにして生きてるから、お誘いを受けた時、なんだか運命感じちゃって。

このセミナーには「遊び」について書かれた推薦書を一冊持参するルールが設けられていたので
『となりの関くん』と、『ねこだらけ』という漫画を持っていった。
漫画を持ってきたのは私くらいのもんでちょっと浮いた。

会そのものはめーっちゃ楽しいんやけど、こういうセミナーに行くと
「セミナー講師になって手っ取り早く一山当てたい」みたいな人が必ず居て閉口する 。

セミナーテーマそっちのけに人脈作りの活動をしに来るそういった方々と話すと、
いわゆる意識の高さだとか地あたまの良さは感じるんだけど、
グイグイと押しが強かったり、人として失礼だったり、
「ははは!この人私好かんわ! お金払ってまでこの人の話聞くかー!?」というケースが非常に多い。
そもそもセミナー講師って目指してなるものなのかなあ。
求められてなるものだと、私は思うんやけど。
でも自分の知識やその有用性を知ってもらうにはこういう営業活動が必要なのだろうなあ。
もちろんすべての人がそうではないだろうし、魅力を感じる人がいればその人のセミナーにも
行くけれど、今のところ、「会いたい」「また会いたい」と思わせてくれるような巡り合いは残念ながら無い。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク