占い師を名乗ることにした

ウィークデイは大阪で仕事をし、週末は地元に帰るというサイクルで生活を続け、
気がつけばまるっと半年経っていました。

2011.1.19(水)の写真は母の入院中に病院から撮影したものです。
なんだか本当にいろんなことがありました。地震のこと、個人的なこと。

母は、もう手の施しようはないのですが、本人の希望もあり、極力入院せず
自宅で過ごしています。延命よりもQOL(人間らしい生活)を重視する。
ゆるりと最期を向かえるための「緩和ケア」だそうです。
「余命がつけられないと言われたのに半年生きてる!イエー!」
といった感じで、家の中は意外と明るいです。
調子の良い時はお庭を耕して、きゅうりやサニーレタスやトマトを作ってるみたい。
先週、まだ6月だというのに早成りのきゅうりが採れて、喜んで一緒に食べました。

ああーと、4月ぐらいに私自身の具合が悪くなって病院へ行ったら、
無排卵(多のう胞性卵巣)と診断されました。

ちょっと。もう。
B型肝炎で普通の寿命がまっとうできない可能性が高い上に子孫も残せない
(いやお金をかければなんとかなるかもしれないそうですが)だな んて霊長類ヒト科ヒトとして
無価値すぎて、賞味な話どう生きてよいかわからなくなったりもしたのですが、、、
それでも生きています。
泣く日もありますがtwitterを見てもわかるとおり、笑って生きています。大丈夫。

実家が客商売をしているので、田舎町だし噂が広がっても良くないから、と
地元の友人とはあまり会っていなかったのですが、この間、久々に集まった折に

「えっとねー、11月に彼氏のおじいちゃんが死んで、
12月にうちのお母さんが末期がんで入院して、
ウチの愛犬のボンボが急死して、
“ペットが厄を受けて代わりに死ぬというのは本当にあるのかもしれないね”
なんて家族で言ってたらウチの父方のおばあちゃんが入院して、
私の具合が悪くなって、病院へ行ったら
”基本的に自然に子どもができるからだではありません”と言われたのが先々週かな」

と近況を話したら、「ちょっと!!だいじょうぶなん!!」とびっくりされました。
「ねえ。お祓いにでも行くべきかねえ」と茶化したら
「そうじゃなくて、ボギー(←私のあだ名)は大丈夫なん?(精神的に)」と、
もう一度友人は丁寧に言った。
私の友達はいいひとばっかりだ。

霊長類ヒト科ヒトとして無価値であるならば、私は人との関わりの中に
価値を見出し生きてゆこうと思います。
わたしにできる事をする。求められていることをする。
それですこし世の中が良くなるようなことをする。

それだけがきっかけじゃないんだけど、前々から考えていたことや積み重ねてきた勉強
「ホンマに偶然なんかなこれ?」と疑うような出会いなど、魔法みたいな色々がありまして
わたくし津島輝子はこのたびきちんと「占い師」と名乗り看板を上げることにしました。

高校生の時からずーっとやってるし、友達の友達とか友達の友達の友達とか
不思議と途切れずやってきたかららあーんまり変わらないんだけど(会社を辞めるわけじゃないし)
私の占いって当たってるようだし、それ以上に相談に来た人の心がシャンとしたり、
なにか気がつくきっかけにはなれているようなので、きちんと名乗ることでもっと
利用しやすくなりお役に立てるのかなって。

いやしかし占い師て。

……びっくりしますよね。私も正直びっくりしました。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク