ルームシェアリング

ルームシェアリングしていた後輩が転勤でお引っ越しした。
彼が卒業したら、一緒に住むという話になっているけれど、まだ半年も時間がある。

シェアメイト募集の掲示板で、半年間一緒に住む人を募集することにした。
女性、男性、5名ほど、うちを見に来てくれた。

高校時代からよく見知った後輩と暮らすのと全く知らない人と住むのは違うし、
彼も安心するだろうから女の子と住む方向で考えていたけれど、
フタ開けてみたら無理だわ。女同士だと距離感が難しい。

下見に来た女の人とはとても話が弾んで仲良くなったけど、なんかだらだら
しちゃって、夕飯時が来て、「たべますか?」と言ったら「食べます」ってんで
一緒にスパケゲティーを食べた。不快じゃないけど、こういう生活はちょっとしんどいなと思った。

結局、23歳建築士の男の子と住むことに決めた。
男の子の下見については、安全第一と紹介を私の彼にも同伴してもらっていたのだけど
「まあまあ、どうぞ、座って下さい」と言ったらその建築士の男の子は「ハイ!」
とカーペットの外に座ったんだ。えらく緊張しているようだった。

私「善人だ!!」
彼「善人だ!!」
私「不器用な人だ!!」
彼「いい人だ!!」
私「あの人となら半年住めそうやと思うんやけど」
彼「よし!!」

そんなわけで、10月から知らない男の子と半年間のルームシェアを始めます。
私と彼とその人と、三人一緒に仲良くできたらいいなあ。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク