ここに至る経緯

何か人に自慢できることはないか探してみました。

「音叉を鳴らして聞くのが大好きな子どもでした。親父のクラッシックギターのケースから勝手に持ち出しては、鳴らしてあっちこっちに動かして、左右の耳に入ってくる音の変化を楽しんだものです。 」

……だめだ。
「物心付いたときには絵を描いていました」とか「3歳からピアノを弾いていました」的なかっこよさが微塵も感じられない。_| ̄|○

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク