引越し屋さんが帰りました

後輩が 「これから先、真夜中にこの道を通りがかって、先輩の居た部屋に明りが灯っていても、そこに居るのは先輩ではない。そういうことが、凄く切ない」 と言ってたな。

私も明日自分がここに居ないってことが凄く悲しい。
今、なんにもなくなった自分の部屋から携帯電話でこれを書いています。
声を発すると、誰もなんにも受けとめてくれなくて、ただワン…と響くだけなの。
びっくりした。堪えた。涙が出てくるぐらい。

でもね。ついセンチになっちゃうけど、お互い、20も超えてますよ。
暫く会わんかったくらいじゃ、そうそう人間変わりません。
しかも離れるったって、2300円と2時間半の時間があれば、すぐこれちゃうんだし。

あとはね、気持ちだけやと思うの。離れてたって、うちらは仲良し。
そう思ってくれていれば、いつでも会えるよ。

LINEで送る
Pocket