布団が吹っ飛んだ

困った。布団が吹っ飛んでしまいました。
敷布団は下の不動産やさんが預かってくれていたらしく、
すぐに引き取りに行ったのですが、掛け布団さんが
一階の屋根に引っ掛かっちゃってる。

(うちのマンションは4階建てで1階が店舗になっており、少し出ている。
多分2階の部屋のベランダから飛び降りなきゃ取れない)

とりあえずその時ICQでお話をしていた高校の同級生 谷口君に相談。

うち「布団が吹っ飛んだ!!」
谷口君「あはははは(笑) 釣竿で吊り上たらいいじゃないですか」
ヨッシャ釣りは得意だ! って、ねえよ釣竿が!

なんかICQで外人からメッセージ飛んでくるし。
なになに?
「hello how are u? :-)」だと? あーくそ、やけだ!

「FINE! :) …but now
I’m in a difficulting Because my bedding fall dawned cant takeup place!!」
(訳:私は元気です! でも私は今困っている。
なぜなら私の布団は吹っ飛んでしまったからだ!!)

「・・・u are grituren student?」
無視かよ。捨て身のギャグを。まあいいや、外人は放置プレイで。

谷口君「作戦其の弐 auの店舗の人に屋根に上がってもらう」
うち「頼みに行くのもなんだかなぁ…悪い気がする…」

谷口君「じゃあ作戦其の参 自分も布団のとこまでジャンプして落ちる・・・(死)』

そ れ だ 。やっぱそれしかないよね。
人は身長の約三倍の高さまでなら打ち所さえ悪くなければ生還できるはずだ。
れっつ☆だいぶ! 私は翔べる。

……ええ、やりましたとも。
2階の小川さんのお宅から。(屋根まで2メートル弱)
ものの5分で奪還成功。人間やればできるもんだ。

……短大の友達のエーコがマンションのとなりのコンビニの店長に、
布団の件を面白おかしく話してしまったらしく、さっき行ったらなんだか笑目で見られたのですが。

LINEで送る
Pocket